発音上級者レベルから上にいくには量ではなく「何」

Aloha!

現在グループコースをとっているメンバーはWeek 11に入りました。

みなさん、全員ものすごく上達しています!素晴らしい^^

 

明日、4期生のFBグループを作って、新しいクライアントさんを招待します。9月28日スタートのみなさん、明日の私からの個人メールをチェックしてください。

 

今日は、上級者がさらに上に行くためのポイント。

 

それは、もう、「量」ではありません。

「何」を練習するか。

これが重要になります。

 

今日の朝、プライベートレッスンがありました。

このクライアントさんに選んだアクションアイテム。

 

一旦、発音の練習をストップする。

 

というもの。

 

発音コーチが、発音の練習を一旦ストップしましょう。と。

 

なんというアクションアイテム。

 

でも、練習をたくさん、たくさん、たくさんするクライアントさんだからこそ、

このレベルで、練習を一旦ストップして、

Doingから出るということを選びました。

 

量を目指すマインドセットから解放されるというのが目的です。

ぜひ、このアクションアイテムを楽しんでほしいと思います。

 

 

アイシュタインがこう言っていました。

 

The definition of insanity is doing the same thing over and over again, but expecting different results.

 

練習は必要です。発音は練習しなかったら、一切上達しません。発音の維持も、練習を続けないといけません。

 

でも、効果のある方法を練習するのがマスト。

そして、たくさん練習しても上達しなくなったら、方法を変える必要がある。

 

このタイミングとかは、自分ではわからない。

コーチが必要です。

なので、私は上級者にコーチングしています。

 

私自身も、コーチがいます。

自分のことは自分で見えません。他の人に客観的に導いてもらう必要がある。

 

この文章にピンときたら、コーチが必要なサインです。

発音の上達で導いてもらいたいなら、私がガイドします。

 

18日午前9時から50分間、FBライブで発音ポイントを紹介します。FBライブは参加者が画面に参加できる機能があります(スマホのみの機能だと思う)。1オン1のレッスンを受けるチャンスです。

ぜひライブで参加して、画面に映るリクエストをしてください。

無料FBグループで行います。

お会いできるのを楽しみにしています!

https://www.hatsuonkyosei.com/fb

 

英語上級者向け発音ポイント3つ

英語環境で働いている英語上級者がさらに上にいくためのポイントを動画でまとめました

EarとYearの発音の違いを使いながら説明していますので、この2つの単語が違う音として聞こえてきます

最後まで見た方には発音チェックの特典をつけています。必ず最後まで見て、発音チェックにお申し込みください。

動画をダウンロード
Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.